夜に布団に入っても眠れなくなってしまう原因は一体何?

夜に眠れなくなる身体的な原因とは?

夜に眠れなくなる身体的な原因とは?

現代日本において睡眠に関して悩みを抱える人はとても多く、その数も増加の一途をたどっています。その身体的原因として挙げられるのが、自律神経系の交感神経が活発になりすぎていることです。

あまりに疲れすぎたり、興奮で神経が立っていたりすると眠れなくなる、という経験をしたことがある人は多いでしょう。

入浴をすることで副交感神経の働きが活発になり、入眠しやすくなりますが、仕事や家事に追われ多忙な生活を送る現代人には入浴の時間さえゆっくりとれないことも珍しくありません。

また、スマートフォンから出るブルーライトも交感神経の働きを活発にしてしまいます。寝る直前まで液晶画面を見る行為は、睡眠の妨げの原因を自ら作っているといっても過言でありません。

夜に眠れなくなる精神的な原因は?

夜に眠れなくなる精神的な原因は?

夜に眠れなくなるという悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。眠れなくなる原因は様々で、精神的なことが関わっている場合も多いものです。

例えば仕事上でストレスを抱えていたり、人間関係があまり上手くいっていない、持病のことで悩んでいるような場合には不眠を招いてしまうことがあります。

また、眠れなくなる原因には、肉親や友人の死に直面したり、配偶者と離婚するなど親しい人との別離なども考えられます。

転職や転勤、引越しといった環境の変化によって眠れなくなってしまう人もいます。

それから一時的な不眠だったものが、眠らなければと意識することでそれ自体がストレスとなり、ますます眠れなくなるといった悪循環に陥ってしまうこともあります。

途中覚醒の原因や対処法は?

途中覚醒の原因や対処法は?

途中覚醒の原因はいくつかあります。まずは加齢で、一般的に睡眠の質は年齢を重ねるごとに低下していくと言われています。

これには自律神経の乱れ、性ホルモンの分泌バランスの崩れなどが関係していると考えられます。それから精神的な不安や健康に支障がある場合も、途中覚醒は起こりやすくなります。

また寝室や寝具に原因があることもあり、たとえば寝室がリラックスできないような状態であったり、寝具が自分に合っていなかったりすると途中覚醒は起こりやすくなれます。

対処法としては、ひとつは日中の活動量を増やすことが挙げられます。それにより肉体の疲労が強くなると、睡眠の質も高くなりやすくなります。

また自律神経の乱れを整えるため、精神的なストレスを避けることも対処法です。

加えて寝室はリラックスできるような、静けさが保たれた空間になるように心がけ、枕や布団などの寝具を見直してみるのも対処法のひとつです。