ピアスをしたまま寝てしまうのは避けるべき?寝る前のケアは?

ピアスをしたまま寝るのは危険?

ピアスをしたまま寝るのは危険?

ピアスを開けた後、数ヶ月間はファーストピアスを付けっぱなしにする必要があります。その期間が終わると、好みのピアスをつけることが出来るようになります。

基本的に、シンプルなピアスであれば、睡眠時にピアスをしたままでも危険であるという事はありません。

しかし、デザイン性の高いピアスの場合、寝ている時の体勢によっては、ピアスが変形してしまったり、ピアスホールに負担がかかってしまい炎症の原因となる可能性があります。

また、寝ている間に失くしてしまうということもありますので、デザイン性の高いピアスは睡眠時は外すことをおすすめします。

なお、長期間ピアスをしたままにしていると、ピアスホールの周辺に汚れが溜まる可能性がありますので、定期的にピアスホールのメンテナンスを行うと良いでしょう。

ピアスを外した後のケアは?

ピアスを外した後のケアは?

ピアスは、小さいものになるとずっとつけっぱなしにしているという人もいるかもしれません。しかし、不衛生にもなって肌トラブルが発生する可能性もあるので、一日つけたら入浴前には外すと安心です。

ピアスを外した後には、自分の汗や皮脂も付着してることにもなるので、次につける時にも衛生的に使えるように毎回ケアをしておく必要があります。

ファーストピアスの場合には、穴がしっかりとできるまでは外すことはできないので、ピアスをした状態で脱脂綿に消毒液をつけて拭き取るようにしてケアをします。

ホールがかたまった状態まできたら、毎回外してピアスを拭き取り、それとともにつけていた自分の肌もしっかりと消毒をして衛生的に保つようにします。

ピアスは毎日外すべき?

ピアスは毎日外すべき?

ピアスは、さまざまなデザインがいろいろな素材を使って作られていますが、チタンやステンレスになると金属アレルギーの人にも安心して利用ができます。

金属の表面が特殊な膜で覆われていることから、皮膚や汗に濡れてもイオン化されて溶け出すこともないため、一度つけたらそのままつけ続けても平気であるかのように思われます。

しかし、毎日外す必要がなくても、たまには外して衛生的に保つ必要があります。皮膚や汗が触れても安心であっても、そこに細菌が付着をすればピアスホールがただれてしまう原因にもなってしまいます。

毎日の入浴でシャンプーをした時にも、ピアスと肌の間にシャンプー液が入って残ってしまうことがあり、そこには頭皮の汚れもついているので肌トラブルの原因にもなってしまいます。