耳や口などのピアスを開けた際に失敗したらどうなる?

ピアスホールの拡張で失敗するとどうなる?

ピアスホールの拡張で失敗するとどうなる?

ピアスホールを広く大きくすることを「拡張」と言います。1サイズずつ大きくしていくのが一般的な方法ですが、急いで拡張しないなどの理由から数サイズを拡張してしまうと、失敗してしまう可能性があります。

まず、最も多いのが、ピアスホールが綺麗にならないということです。無理な拡張をしてしまうと、その部分の皮膚が裂けてしまうために激しく傷み、分泌物が出ることもあります。強い痛みを感じることもあります。

なお、一度拡張したピアスホールはサイズを小さくしようとしてもすぐには小さくなりませんし、場合によっては完全には塞がらない可能性もありますので、ピアスホールを大きくしようという場合には、その後のことも考えて行うようにしましょう。

口ピアスを開けるのを失敗するとどうなる?

口ピアスを開けるのを失敗するとどうなる?

耳以外の場所にあけるボディピアスの中でも特に人気の高いのが口ピアスです。

ピアス全般に言えることですが、穴を自分で開ける場合に失敗することが多いです。特にファーストピアスを口ピアスにした場合は高い確率で失敗するでしょう。

では、どのように失敗するかというと穴を貫通させるのが口の中で見難いため狙った場所にうまく穴を開けれずピアスを付けれなくなることが多いです。

その穴を塞がらないまま同じ穴から再度開けようとすると出口側に穴が広がったり、入口側は1つ出口側は2つになったりします。

また、唇またはその周辺なので穴を開けるのを失敗すると大量に出血したり腫れたりします。そのため、穴を開けたあとのケアを怠ると化膿したり最悪、破傷風になったりします。

耳のピアスを増やしすぎると良くない?

耳のピアスを増やしすぎると良くない?

ピアスをファッションの一部として楽しんでいるという人も少なくはないでしょう。基本的には、場所や個数は個人の自由です。

耳のピアスを増やしすぎた場合、職場や人によっては不快感を感じるため良くないと言われる可能性があります。個性を大切にすることは大切ですが、ピアスの数だけで個性を表すというのはいささか平凡な発想かもしれません。

耳のピアスを開ける時には、自身の気持ちだけではなく、周囲の人がどのように感じるのかということも重視してみると良いかもしれません。

耳のピアスやその他の部位のピアスの増やしすぎは良くないことではありませんが、初めて会うという人に良くない印象を与える可能性があるということを知っておきましょう。